愛西市巡回バス blog

愛西市巡回バス の利用促進を図る会

「八開庁舎」バス停近くの「丸島コロンブスの碑」と「アメダス観測地点」

 例年より2日早く、東海地方の梅雨が明けた模様との発表が7月17日にあり、本格的な夏の暑さが続いています。今日は、八開ルートの「八開庁舎」バス停近くにある「丸島コロンブスの碑」と全国最高気温が観測されたこともある「アメダス観測地点」をご紹介します。

 「八開庁舎」バス停から東に向かうと、直ぐに「海部幹線水路」と信号交差点があり、この交差点を渡った南側に「丸島コロンブスの碑」があります。この「丸島コロンブスの碑」は愛西市のHPでも、『山田芳男の呼び名で、愛西市内には碑が建立されています。山田はラッコ漁中に遭難しましたが、アメリカの捕鯨船に助けられ、愛知県出身者として初めて渡米して事業を行いました。』と紹介されています。

f:id:aisaicity:20210724011146j:plain

 ※バス停のある「八開庁舎」

f:id:aisaicity:20210724011432j:plain

f:id:aisaicity:20210724011311j:plain

 ※「海部幹線水路」を渡ると直ぐに「丸島コロンブスの碑」があります

 「丸島コロンブスの碑」の見学を終えて、「アメダス観測地点」を目指します。もう一度信号交差点に戻り、道路を渡って東に向かうと八開中学校の入口があり、更に東に進むと八開中学校の敷地内に「アメダスの観測機器」が設置されています。

f:id:aisaicity:20210724012056j:plain

f:id:aisaicity:20210724011921j:plain

  ※「八開中学校」と敷地内にある「アメダスの観測機器」

 この「アメダス観測地点」には特段の表示もありませんので、気が付かずに通り過ぎる方も多いかと思いますが、猛暑の時期には時より愛知県下や東海地方での最高気温が記録される隠れた名所でもあります。

 また、気象庁が発表している全国の最高気温でも、1994年8月15日に観測した40.3度が、現在でも第20位にランキングされています。

 

 ※巡回バスの利用相談を行っています。お気軽に下記へご連絡下さい。

  (連絡先) 携帯番号(090-5858-6381) 担当 福田

       E-mail:hukuta_m56k2@yahoo.co.jp

 

愛西市巡回バス | 愛西市

史跡 | 愛西市

気象庁|歴代全国ランキング

梅雨空の中、「森川花はす田」と「立田ふれあいの里」に行ってきました

 今日は7月9日、梅雨空の下ではありますが、「市役所」から立田ルートの巡回バスに乗って「森川花はす田」と「立田ふれあいの里」に行ってきました。今年もコロナ感染症対策として、愛西市観光協会が主催する「蓮見の会」は中止となりましたが、「森川花はす田」には一面にハスの花が広がっており、色々な種類のハスの花を8月上旬まで楽しむことが出来ます。

f:id:aisaicity:20210710182349j:plain ※「舞妃蓮」は花盛りです。

f:id:aisaicity:20210710182454j:plain ※ 雨上がりでハスの葉に浮く花びら。

 はすの花を観賞した後は、「立田ふれあいの里」に向かいます。先ずはレストランに入って「コーヒーとモーニングサービス」を頂きました。

f:id:aisaicity:20210710182613j:plain ※ レストランで「モーニング」を発見。

 地元農家さんの産直販売のコーナーは、何時ものようにお客さんで大賑わいです。また、通路には「七夕」飾りが季節を感じさせてくれました。

f:id:aisaicity:20210710182826j:plain ※ 「ふれあいの里」の「七夕」飾り。

 ※巡回バスの利用相談を行っています。お気軽に下記へご連絡下さい。

 (連絡先) 携帯番号(090-5858-6381) 担当 福田

     E-mail:hukuta_m56k2@yahoo.co.jp

 

愛西市観光協会公式サイト

http://www.tatsuta-fureai.com/about/index.html

愛西市巡回バス | 愛西市

 

 

戦国時代にタイムスリップ!史跡「大野城址」を訪ねて

 蟹江町にある「佐屋川創郷公園」で花菖蒲を楽しんだ帰りには、徒歩で日光川を渡り戦国時代の史跡である「大野城址」を訪ねることにします。

 「佐屋川創郷公園」の西側には日光川が流れており、徒歩・軽車両の専用橋が掛けられています。橋を渡ると直ぐに、近鉄冨吉駅に隣接する車両基地があり新型特急「ひのとり」他の車両が肩を並べて休んでいました。

f:id:aisaicity:20210610162102j:plain ※日光川に掛る専用橋

f:id:aisaicity:20210610162706j:plain 近鉄車両基地

 近鉄車両基地を左横にして500m程歩き、更に北に向って500m程進むと大野町にある「大野城址」に到着します。

 愛西市教育委員会が設置した解説板には、『天正12年(1584年)「小牧・長久手の戦い」の前哨戦がこの地で起った「蟹江合戦」で、大野城主であった山口重政の活躍により、徳川の天下取りの基礎となった』と記されています。

f:id:aisaicity:20210610162912j:plain 大野城址の石碑と解説板

 「大野城址」を後にして、北に500m程歩くと佐屋東ルートの「くわはら内科」バス停に戻って来ることが出来ました。「佐屋川創郷公園」からは、徒歩で30分程度、約2㎞の距離になります。 

  ※巡回バスの利用相談を行っています。お気軽に下記へご連絡下さい。

  (連絡先) 携帯番号(090-5858-6381) 担当 福田

        E-mail:hukuta_m56k2@yahoo.co.jp

愛西市巡回バス | 愛西市

大野城(海部郡)(愛知県愛西市)の見どころ・アクセスなど、お城旅行と歴史観光ガイド | 攻城団

蟹江町の「佐屋川創郷公園」で花菖蒲が満開、巡回バスで出掛けませんか

  先月には、早尾町の花菖蒲やカラーの栽培をご紹介しましたが、今日は蟹江町にある「佐屋川創郷公園」で花菖蒲が満開になっているとのことで、早速、出かけてみることにしました。

 巡回バスのルートは、「市役所」から佐屋東ルートに乗車し「くわはら内科」で下車します。蟹江方面に日光川を渡ると、蟹江町「お散歩バス」の起終点となっているバス停「体育館分館」に徒歩約10分で着きます。「お散歩バス」には「オレンジコース」と「グリーンコース」があり、「オレンジコース」に乗車し約4分の「図書館」で下車すれば、図書館に隣接する「佐屋川創郷公園」に到着です。

 なお、「グリーンコース」でも「図書館」に行くことが出来ますが、こちらの所要時間は約50分になりますので注意が必要です。逆に、帰りに「お散歩バス」を利用する場合は「グリーンコース」利用の場合は約5分、「オレンジコース」利用では約54分になりますので事前の確認が必要になります。

 「佐屋川創郷公園」は、蟹江町が「佐屋川」の景観を活かした水郷の里のシンボルとして整備した公園で、今回紹介する花菖蒲の他にも、四季折々の花々や紅葉も楽しむことが出来ます。また、小高い丘に設置された展望塔からは東に名古屋市の街並みが、西には養老・鈴鹿の山々を望むことが出来ます。
f:id:aisaicity:20210605125553j:plain ※「図書館」を出発する蟹江町の「お散歩」バス

f:id:aisaicity:20210605125742j:plain ※「佐屋川創郷公園」の花菖蒲

f:id:aisaicity:20210605125934j:plain ※「展望塔」から望む名古屋方面

 花菖蒲の観賞と公園の散策を終えて帰路につきますが、今日は経路を変えて徒歩で日光川を渡り、大野町の「大野城址」を見学してから帰ることにしました(次回のブログに続く)。

 ※巡回バスの利用相談を行っています。お気軽に下記へご連絡下さい。

  (連絡先) 携帯番号(090-5858-6381) 担当 福田

       E-mail:hukuta_m56k2@yahoo.co.jp

愛西市巡回バス | 愛西市

お散歩バス時刻表(平成30年10月1日改正) - 愛知県蟹江町公式ホームページ

佐屋川創郷公園 - 愛知県蟹江町公式ホームページ

 

 

早尾町では花菖蒲・カラーの温室栽培が盛んに行われています

 早尾町では花菖蒲やカラーの温室栽培等が盛んに行われており、生産組合のある『JAあいち海部』によると、早尾町地区の花卉組合は15戸の農家で組織されており、花菖蒲の栽培面積は約200aで、出荷時期は4月中旬~5月上旬迄の短期間に行われます。また、カラーの栽培面積は約390aで、出荷時期は長く11月~翌年の5月迄とのことです。

 栽培が行われているのは早尾町の北部から赤目町に至るまで広がっており、巡回バスを利用して花菖蒲・カラーの観賞をする場合は、八開ルートの「早尾町(常徳寺前)」バス停を下車して北方向に歩くことになります。バス停の近くにも栽培用のビニールハウスがありますが、400m程歩き民家を過ぎると一面にビニールハウスが広がっており、花菖蒲・カラーを観賞しながらの散策を楽しむことが出来ます。

f:id:aisaicity:20210515162835j:plain ※一面に広がるビニールハウス

f:id:aisaicity:20210515163021j:plain ※ビニールハウスの中は・・・

f:id:aisaicity:20210515163241j:plain ※路地栽培の花菖蒲もあります

 帰りは、「早尾町(常徳寺前)」バス停に引き返すのも良いですし、そのまま北進すれば「早尾町南川並」又は「赤目町」、「明範荘」の各バス停も近くにありますので利用が可能です。

 また、巡回バスを利用した逆コースでの散策も出来ますので、是非皆さんも花菖蒲・カラーの観賞に出かけられては如何でしょうか。

 

 ※巡回バスの利用相談を行っています。下記までご連絡下さい。

  (連絡先) 携帯番号(090-5858-6381) 担当 福田

        E-mail:hukuta_m56k2@yahoo.co.jp

愛西市巡回バス | 愛西市

 

立田赤蓮発祥の地として有名な戸倉町の「陽南寺」を訪ねて

 愛西市が蓮根の特産地であることは皆さんも良くご存じだと思います。令和元年度の蓮根の全国生産量では愛知県が、茨城県佐賀県徳島県に次ぐ第4位で、愛知県内の生産量の殆どが愛西市で生産されており、その生産量は約3千トンに達しています。また、道の駅「立田ふれあいの里」では、蓮根の販売は勿論のこと、蓮根を使用した各種の製品が販売をされています。

 今日は、立田赤蓮発祥の地として有名な戸倉町の「陽南寺」をご紹介します。立田村当時の教育委員会が設置した解説板によると、当地で立田赤蓮の栽培が始まった2説が紹介されており、1説では文政(1818~1829)の頃、住職が近江(滋賀県)から蓮根を持ち帰り、村人の助けを借りて増殖した説。もう1説は肥後国(熊本県)の僧侶が持参した「蓮の実」を住職が譲り受け、発芽させたのが広まったとする説。を紹介しています。

f:id:aisaicity:20210429100151j:plain 戸倉町の「陽南寺」

f:id:aisaicity:20210429100230j:plain ※「立田赤蓮発祥の地」石碑と「解説板」

f:id:aisaicity:20210429100256j:plain ※立田ルートの「戸倉町」バス停

 巡回バスを利用して「陽南寺」を訪れるには、立田ルートの「戸倉町」バス停を下車し、東に向かって100m程歩くと「陽南寺」に到着します。是非一度、立田赤蓮発祥の地を訪ねられては如何でしょうか。

 

 ※巡回バスの利用相談を行っています。下記へご連絡下さい。

  (連絡先) 携帯番号(090-5858-6381) 担当 福田

        E-mail:hukuta_m56k2@yahoo.co.jp

 

 

http://www.tatsuta-fureai.com/

 

巡回バス沿線にある満開の桜並木を巡ってきました

 今日は4月1日です。先日、ご案内した巡回バス沿線にある桜の花見ツアーを行いましたのでご報告します。

 最初の目的地は、「市役所」から「佐屋中央ルート」9時35分発に乗車し、「親水公園総合体育館」を目指します。バスを下車して5分程歩くと、善太川沿いに桜並木が整備されており、満開の桜が私たちを迎えてくれました。

f:id:aisaicity:20210401221650j:plain

f:id:aisaicity:20210401221752j:plain 

f:id:aisaicity:20210401221921j:plain ※親水公園の桜

 親水公園の花見と散策を終えて、「親水公園総合体育館」11時5分発に乗車し、11時16分には「市役所」に戻って来ました。市役所に隣接する愛西市文化会館の南には、善太川の支流である「ゲノタ幹線水路」があり、水路沿いには桜並木と遊歩道が整備されています。ここの桜も満開で、十分に花見を楽しむことが出来ました。

f:id:aisaicity:20210401222054j:plain

f:id:aisaicity:20210401222153j:plain 

f:id:aisaicity:20210401222304j:plain ※ゲノタ幹線水路の桜

 午後からは、「市役所」から「佐屋西ルート」13時30分発に乗車し、「千本桜公園」と「くひな公民館」を目指します。「千本桜公園」の名前を聞くと、さぞかし沢山の桜があると思われますが、現在の「千本桜公園」にある桜は10本程度となっています。江戸時代に木曽川の支流として佐屋川が流れていたころには、立派な桜並木の堤防があったと想像されます。

 「千本桜公園」から「くひな公民館」には徒歩で5分程です。「くひな公民館」付近には、幹回りが太い桜が多くあり、こちらも江戸時代には佐屋海道の船着き場があったことから、その歴史を感じることが出来ました。

f:id:aisaicity:20210401222517j:plain

f:id:aisaicity:20210401222649j:plain くひな公民館の桜

 

 ※巡回バスの利用相談を行っています。下記へご連絡下さい。

 (連絡先) 携帯番号(090-5858-6381) 担当 福田

       E-mail:hukuta_m56k2@yahoo.co.jp

www.city.aisai.lg.jp